一枚板で作るテーブル~無垢材家具屋の口コミランキング~

HOME > 無垢材家具情報 > 一枚板のテーブルを選ぶポイント

一枚板のテーブルを選ぶポイント

一枚板のテーブルはシンプルな構造のため価格が安いことが特徴で、置く場所を確保して決めると有意義に使えます。
最適な種類を選ぶ時は販売店でスタッフと相談すると状況に合わせて決めやすく、様々な目的で有意義に使うと便利です。
一枚板のテーブルを購入する時は厚さがあれば安定できますが、重くなるために素材の特徴を把握して臨機応変に決める必要があります。
注文する方法は通販サイトを使うと多くのメーカーの商品の中から選べ、室内のレイアウトを確かめて決める方法が望ましいです。
自宅で使う時は安定できることを確かめて決めることを心がけ、販売店でスタッフと相談すると選ぶきっかけをつかめます。
一枚板のテーブルを選ぶポイントは安定して作業をしやすいことを確かめ、邪魔にならないように置けるスペースを確保して決めると効果的です。



一枚板のテーブルを選ぶ時の基準

一枚板のテーブルを選ぶ時には、何でもいいということはないので、きちんと見極めないといけないです。
一本木から切り落とされますが、木によって節があったりするので、選ぶ時には節がないものを選ぶことです。
テーブルとして使うので、節があるとそこからひび割れてきたりする恐れがありますが、高級な一枚板のテーブルの中では、節があるものは比較的安く売られてる傾向があります。
現物を見て購入出来るなら、それぞれの形を見て購入を検討することです。
高級さから見た目の美しさを感じられる商品ですので、家庭での食卓などに欲しいと言う方も多くいらっしゃいます。
木を切り取った時に見栄え重視という所から、本物は四角く切り揃えることなくそのままの状態で売られてることが多いです。
本来の木の温かみを感じるのでダイニングやリビングに置かれておくと、インテリアとしてもインパクトがあります。



一枚板のテーブルの乾燥している比率を把握する

色々な店舗でテーブルを一枚板によって製造している業者が色々とありますが、ブランド品で歴史ある素材で作っていると謳っている商品が非常に多いです。
世の中で多く見かけることがありますが、本当に質が良い一枚板のテーブルは非常に少なくなっています。
そのため希少価値が高くなっており、時にはびっくりする値段になっていることもあります。
一枚板というのは乾燥状態が大切ですが、素人の目線では乾燥状態は判別がつきません。
そこで乾燥状態を示す数字がありますが、それが含水率といいます。
基準として15パーセントが完全に乾燥している状態となっていますが、15パーセントまで天然で乾燥している状態に仕上げていこうとすると、実に10年以上かかることもあります。
したがって場合によって、店舗では20パーセントを超えているテーブルを見かけることもありますが、十分に乾燥しています。
また15パーセントに届いていなければ、徐々に乾燥して15パーセントへと近づいていきます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP