一枚板で作るテーブル~無垢材家具屋の口コミランキング~

HOME > 無垢材家具情報 > 一枚板のテーブルのメリットはどんなところか

一枚板のテーブルのメリットはどんなところか

 様々な店舗では「一枚板」と銘打って価値が尊ばれて販売されています。そんな商品が世の中にはたくさんあふれていますが、実は本当に質の良い一枚板は非常に少ないです。希少価値が高い代物と言えるでしょう。何よりも乾燥状態が大切です。とは言っても素人目には、乾燥状態なんて見てもわかりません。
 乾燥状態を表す数字として、含水率というのがあります。15%というのが完全乾燥の基準です。しかし、15%まで天然乾燥で仕上げようとすると、10年はかかります。しかし、15%になっていない板は、購入後15%に近付いていきます。この過程で、反ったり、割れたりというリスクが発生することがあるわけです。
 理想は5年以上の乾燥が重要です。5年未満という場合は、リスクを覚悟しなければいけません。やめておいた方が無難でしょう。


 一枚でテーブルを作るとどんなメリットがあるでしょう。
 日本の銘木には欅やナラ、杉などがあり、昔から高級家具の材料として使用されています。テーブルに使用する銘木は1本ごとに木目や色に違いがあるため、世界に一つしか存在しない家具になります。
 通常の家具は複数の木材を使って作られますが、無垢一枚の家具は1本の木だけを使用して作られるため、木目の美しさは格別です。丸太から製材した無垢材でできた家具は頑丈で、末永く使っていくことができます。長く使っていくとあちこちについた小さな傷にも愛着がわいてくるはずです。安価な強化プラスチックや複合材はあまり長く使っていくことはできません。ある程度の年月がたったら廃棄しなければなりません。
 子供や孫にまで受け継いで使っていける一枚板のオーダー家具は、新居に新しく設置する家具としてとても良い家具といえるでしょう。


 一枚で出来たテーブルは割れやすいという点には注意しましょう。複合材は全体を接着剤で固めているので弱いところがありませんが、無垢材は節などの箇所に弱いところがあります。ウレタン塗料などで、ある程度頑丈さを増すことはできますが、それでは、無垢家具の良さを感じることが出来ません。
 無垢家具を購入するのであればオイル仕上げが一番自然な仕上がりで肌触りがよく使い心地も抜群です。家具の特性をしっかりと理解し、職人さんにどのように使えばいいか教えても得るところで注文するのが安心です。
 しっかりメンテナンスを行えば長く使え、味と深みが増していきますので、好みの木目や色合いのものを選ぶといいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP